ビー・アンド・プラスの会社沿革

TOP > 会社案内 > 会社概要 > 会社沿革

 

 

沿革

1980年 09月

ドイツBALLUFF社(50%)」と「日本側資本(50%)」の共同出資により、「日本バルーフ株式会社」を設立。

(資本金:5000万円)

1981年

・小川工場(埼玉県比企郡小川町)が竣工し、近接スイッチの国内生産をスタート。
(取扱商品の「出荷センター」としても活用)

大阪営業所を開設

1982年

・名古屋営業所を開設

1984年

・日本オリジナル製品として、「リモートセンサ(共振回路方式)」シリーズを開発。

1985年

・資本金を「1億円」に増資。(「BALLUFF社(50%)」/「日本側資本(50%)」)

広島営業所を開設。

1986年 ・トヨタ生産方式に基づく、新生産システム「BPS」を小川工場に導入し、「1個流し」の生産体制をスタート。
1989年

・「リモートセンサ(パルス回路方式)」シリーズを新たに開発し、実用新案を出願。

【1996年12月:実用新案登録】

1990年 ・ホストコンピュータ/IBM「AS400」を導入し、基幹業務に関するコンピュータシステム運用を本格的にスタート。
1992年

・「多点リモートセンサ」シリーズを開発し、実用新案を出願。

【1999年 09月:実用新案登録】

1994年 ・本社(東京)を閉鎖し、本社機能を「小川工場」に集約移管。
1995年 ・横浜営業所を開設。
1996年 ・小川工場の品質マネジメントシステムが国際品質保証規格「ISO9001:1994」の認証取得。
1997年

・資本金を「1億1000万円」に増資。(「BALLUFF社(45%)」/「日本側資本(55%)」)

新工場「埼玉工場」(埼玉県比企郡玉川村/現:ときがわ町)が竣工。

1998年

・小川工場を閉鎖し、本社・工場・出荷センターの全機能を竣工した新工場「埼玉工場」に移転。

「ハイパワーリモートセンサ」シリーズを開発し、実用新案を出願【2002年 06月:特許登録】

ホームページを開設。

1999年

・資本金を「1億6500万円」に増資。(「G.BALLUFF(30%)」/「日本側資本(70%)」)

旧工場「小川工場」(埼玉県比企郡小川町)を全面改装し、ACT事業部/小川工場として「圧電アクチュエータ(OEM品)」の生産をスタート。

2001年 ・本社工場の品質マネジメントシステムが国際品質保証規格「ISO9001:2000」の認証取得。
2004年 ・「工機センター」(埼玉県比企郡小川町)竣工。機械加工業務を集約すると共に、成形や精密加工の内製化に着手。
2006年

・「本社工場」「小川工場」および「工機センター」が環境マネジメントシステム「ISO14001:2004」の認証取得。

BALLUFF社保有株式の一部を自社購入。(「BALLUFF社(15%)」/「日本側資本(85%)」)

2007年

・「リモートシステム」が、埼玉県主催の平成18年度 彩の国産業技術大賞奨励賞を受賞。

・「品質マネジメントシステムISO9001:2000」を本社工場・小川工場・工機センタおよび営業所の全社に拡大し、認証取得。

2008年 ・社名を「日本バルーフ株式会社」から「株式会社ビー・アンド・プラス」に変更。
2009年 ・小川工場を閉鎖し、本社工場に統合。
2010年

・USA支店を開設。

品質マネジメントシステムを新規格ISO9001:2008に移行し、認証取得。(USA支店は除く)

2011年 ・技術センター(埼玉県比企郡小川町)竣工。
2015年

・本社(埼玉県比企郡ときがわ町)を閉鎖し、本社機能を技術センター(埼玉県比企郡小川町)に集約移管

・リーンスタートアップによるMVP 試作受注開始

2017年 ・ワイヤレス給電を使った光免疫療法の実験に成功
2018年

・ワイヤレス充電方式を搭載した電動自転車の全国設置開始

・WPT応用技術センターを埼玉県大宮市に開設。

・資本金を「1億円」に減資。

2018年

・600Wワイヤレス充電製品発売開始

2020年

・昭和飛行機工業株式会社より1KWワイヤレス充電製品(SIPS1000)の事業譲渡を受け1KWシリーズ発売開始

2021年

・2kWワイヤレス充電製品発売開始

お気軽にお問い合わせください

  • お電話でのお問い合わせはこちら
    お問い合わせ窓口
  • フォームからのお問い合わせはこちら
    お問い合わせフォーム