B&PLUSのワイヤレス給電

TOP > ワイヤレス給電とは? > B&PLUSのワイヤレス給電

B&PLUSのワイヤレス給電

ビーアンドプラスは、40年以上ワイヤレス給電の開発、生産を行うメーカーですが、大きく3つの特徴があります。

 

   1.幅広い電力帯

   2.多様な形状のワイヤレス給電の開発

   3.電力と各種信号の伝送を実現

 

BP  幅広い電力帯BP

 
ワイヤレス給電は、医療用LEDに使われる数mWの小電力から車両充電の1KW程度の電力など幅広い電力領域で実用化が進められています。通常、どこかの電力帯に特化している場合が多いのですが、ビーアンドプラスでは、数mWから1KWまで、幅広い電力幅の製品群を取り揃え、試作開発、量産開発において、様々なお客様へワイヤレス給電の展開を行っています。

また、求める電力帯が異なれば、使用する電圧や、電流の制御方法も異なってきますが、5V,12V,24Vの標準電圧の供給から、充電制御においては、4.2V~60Vまでの充電電圧に対応した製品実績があります。これらの電圧以外にも、お客様のご要望を受け、350Vの電圧供給に対応したカスタム製品の開発など、様々なご要望に対応しております。

写真

 写真コンパクトパワー

 写真120W

写真1KW

 数mWワイヤレス給電   24Wワイヤレス給電   120Wワイヤレス充電   1KWワイヤレス充電 
BP  多様な形状のワイヤレス給電の開発BP

 
世の中で一般的に展開されているのは、同一形状の送電部と受電部を1対1で向い合せたワイヤレス給電が主流ですが、活用方法に合わせ、多様な形状のワイヤレス給電の製品化を進めています。

ワイヤレス給電の自由度を生かすシーンとして、回転や移動などが非常に多いため、各種使用状況を想定しリング型やリニア型などの開発、製品化を実施。ワイヤレス給電の利点を最大限生かし、お客様がワイヤレス給電をご利用しやすいよう、日々取組みを行っております。

 

写真

写真

写真

写真 

写真

標準型  嵌合型 リング型   リニア型  エリア型

 

BP  電力と各種信号の伝送を実現BP

 
ビーアンドプラスでは、工業設備向けのワイヤレス給電のご要望が大きく、工場で使われるデジタル信号、アナログ信号から、フィールドバスなどのデータ信号など、様々な信号をワイヤレス給電と共に伝送する技術を構築しています。 

「ワイヤレス給電のみ」を行う製品は、多くのメーカーが製造販売していますが、「ワイヤレス給電」と「ワイヤレス信号伝送」を同時に行う製品はビーアンドプラスオリジナルの技術(特許、実用新案を取得)です。通常、給電と信号を同時にワイヤレス伝送しようとすると、相互干渉でノイズが発生しますが、技術的ノウハウにより干渉を防いでいます。

電力と各種信号の伝送を実現!リモートシステム!


近年では、工業用AGVを始め、各種モビリティーのワイヤレス充電が広がっており、それらの充電用途においてもこの信号通信技術を活用しています。バッテリーの状況を監視し、その信号をワイヤレスで伝送することで、常に最適なワイヤレス充電制御を行います。
 

また、工業用途や屋外用途では、耐環境性に強い製品を求められるため、防塵/防水性を向上させるモールド処理やケース製作、ケーブル選定など、トータル的なプロダクトとしてワイヤレス給電製品の御提案を実施しています。

その結果、当社のリモートシステムは、国内大手自動車メーカーや工作機メーカーを始め、海外でも広く使われており、技術力の高さからOEM製品の開発・製造依頼を受けることもあります。

ワイヤレス給電のものづくりを支えるビー・アンド・プラス

 

 

お気軽にお問い合わせください

  • お電話でのお問い合わせはこちら
    お問い合わせ窓口
  • ホームページからのお問い合わせはこちら
    お問い合わせフォーム