TOP > 最新情報 > 新技術、交流(AC)ワイヤレス給電、電気学会で発表!
ワイヤレス新技術
2021/03/12

新技術、交流(AC)ワイヤレス給電、電気学会で発表!

最新情報

 

令和3年電気学会全国大会で、新技術を発表!

従来のワイヤレス給電は、直流(DC)でのワイヤレス給電が主流でしたが、ワイヤレス給電が広がる中、交流(AC)のワイヤレス給電ニーズの高まりを受け、新技術のAC電力伝送型のワイヤレス給電を開発しました。
今までは、実際にワイヤレス給電を市場に広げるべく、製品化を中心に進めていましたが、広がるワイヤレス給電の世界で、ワイヤレス給電仲間をもっと広げていこう!ということで、電気学会に参加!

講演内容.jpg

今回、発表する技術は、AC出力のワイヤレス給電。通常ワイヤレス給電では、5Vだったり12Vだったりと送りたい直流電力をワイヤレスで伝送するのですが、身近な機器は、ACアダプタを通じて携帯なら5V、パソコンなら19Vと色々な電圧に変換されています。そのため、ACの電力を送れたほうが、色々なものが接続できて、よりワイヤレス給電の魅力が広がるのです。

A03_AC給電でも.jpg

このようにワイヤレス給電が離れているときは、電力が供給されず、ACタップの電源もOFFのままですが、冊子越しにワイヤレス給電を対向させると、ACタップへ電源が供給され、携帯電話やディスプレイにAC100Vが供給されています!
もちろん、冊子越しだけでなく、ガラス越しだって可能。ガラス越しにAC100Vのワイヤレス給電も実現します!

A04_ガラス越しAC給電.jpg

さて、この新技術を、電気学会で初公開!

応用技術楡木氏、電気学会へいざ出陣!?

今回、新技術を発表をするのは、応用技術部門の楡木さん。大学のころは、何度も参加していた学会も社会人になっては初参加。また、今までの学会とは違って、コロナ禍のため、みんなWEBでの参加で、聴講者や座長との距離感も様子見の中で、学会当日を迎えました。
学術研究が多く、論理式が中心で並ぶ発表の中、ビー・アンド・プラスは、製品化、具現化が主のメーカーとして、回路的特徴を説明しながら、実際の開発結果を中心に発表しました。

A02_学会発表の様子.jpg

実際の開発結果の発表のため、市場でのの法規対応や、現状の技術からのサイズ比較など具体的な質問が多数飛び交い、学会終了。楡木氏もがんばってくれました!

本来であれば、学会会場でいろいろなワイヤレス給電愛をみんなで語りたいところですが、それはまた次の機会へ。今後もいろいろなところでビー・アンド・プラスのワイヤレス給電を発信していきます!

試作・開発のご依頼やご質問もお気軽に!

B&PLUSでは、ワイヤレス給電やワイヤレス充電に関する試作開発も行っています。
当社の技術担当へお気軽にご相談ください。

お問合せはこちらから WEB展示場へ