TOP > 最新情報 > エンジンブロックの着座確認・クランプの起動と確認
導入事例
2015/07/17

エンジンブロックの着座確認・クランプの起動と確認

最新情報

ポイント

・ヘッド同士を対向させた時に、パレット上の各種センサ・電磁弁への非接触給電と、センサからの着座信号の入力や電磁弁への出力が可能となるので、コネクタやケーブルベアのような可動域の制限がない。
・入力ユニット・出力ユニットを増設できるので、センサや電磁弁を増やしたい場合は容易に対応可能。

改善前の問題点

・パレットとコネクタで接続していたので可動域に制限があった。
・コネクタ着脱の手間やピン折れなどのトラブルがあった。

改善後の効果

・非接触により可動域の制限がなくなりラインの自動化に成功した。
・着脱作業のタイムロスがなくなり、コネクタのトラブルも解消された。
・ベースアンプはリモートデバイス局となるので、CC-Link マスタからの直接制御が可能。

製品紹介

・リモート部
リモートヘッド:RCH08T-211-PU-01
リモートアンプ:RL64T-345N-000
出力ユニット:RLY04-322N

・ベース部
ベースヘッド:RCH08E-211-PU-02
ベースアンプ:RC64E-366CL-000

Facebookで更新情報をチェック!