TOP > 最新情報 > 溶接ラインのパレットでサイドメンバー着座確
導入事例
2015/07/17

溶接ラインのパレットでサイドメンバー着座確

最新情報

ポイント

・溶接ラインでパレットに乗せたサイドメンバーの溶接を行う。
・サイドメンバー確認用に近接センサを8 個使用しており、着座確認を行っている。
・耐スパッタ仕様なので溶接スパッタが付着しても簡単に落とすことができる。

改善前の問題点

・スパッタや異物による接点不良でラインが度々ストップした。
・接触式のため、ピンのメンテナンスが必要だった。

改善後の効果

・スパッタ等の接点不良によるラインストップがなくなった。
・非接触になったのでピンのメンテナンスが不要となった。
・耐スパッタ仕様だから、スパッタが固着しない。

製品紹介

伝送部:RPT8-TF3007D-PU-01
出力部:RPE8-TF3000N-PU-02

Facebookで更新情報をチェック!