TOP > 最新情報 > 回転ユニットの配線問題はリモートシステムが解決!!
導入事例
2015/07/27

回転ユニットの配線問題はリモートシステムが解決!!

最新情報

ターンテーブルやインデックステーブル、ロボットハンド、攪拌機などなど、回転動作を伴う設備や機器はたくさんあります。
それら設備・機器に配線を行うと、回し続けることが困難であったり、ケーブル疲労による断線などがあります。
また、スリップリングを使う方法もありますが、接点がある以上、寿命が存在しますし、水などに弱いなどの欠点も有ります。

もし、配線をワイヤレス化できれば、回し続けることも断線の心配からも解放される。
ワイヤレス給電はその一助となる技術です。
リモートシステムは下位機器へのワイヤレス給電と信号伝送を行い、固定側との配線を非接触化を実現します。それにより可動部分の断線トラブルを解消すると共に、ケーブルの制約を受けない効率的な動作が可能となります。

今回はケーブルをワイヤレス給電に変えた場合のメリットを紹介します。

 

ターンテーブルの場合

アプリ

■推奨製品はこちら

溶接スパッタが固着しない!耐スパッタ仕様のワイヤレス給電システム
出力部仕様(NPN)はこちら(製品ページへ)
出力部仕様(PNP)はこちら(製品ページへ)
伝送部仕様はこちら(製品ページへ)

製品ニュースこちら(PDF)

加工ラインのインデックステーブルの場合

アプリ

■推奨製品はこちら

有接点スイッチ1個分のワイヤレス給電と信号伝送を実現!
出力部仕様(NPN)はこちら(製品ページへ)
出力部仕様(PNP)はこちら(製品ページへ)
伝送部仕様はこちら(製品ページへ)

製品ニュースこちら(PDF)

 

攪拌機の場合

アプリ

■推奨製品はこちら

M30形状でKタイプ熱電対2点分の信号伝送!
出力部仕様はこちら(製品ページへ)
伝送部仕様(Kタイプ熱電対)はこちら(製品ページへ)

製品ニュースこちら(PDF)

軸に取付可能なリング形状も用意しております!

製品紹介ページはこちら

ロボットハンドの場合

アプリ

■推奨製品はこちら

M30形状でKタイプ熱電対2点分の信号伝送!
出力部仕様(NPN)はこちら(製品ページへ)
出力部仕様(PNP)はこちら(製品ページへ)
伝送部仕様はこちら(製品ページへ)

 

Facebookで更新情報をチェック!