TOP > 最新情報 > マシニングセンタのパレット上でのワークのブレ検知
導入事例
2015/07/17

マシニングセンタのパレット上でのワークのブレ検知

最新情報

ポイント

・ワーク(金型)に合わせてパレットを交換する。
・マシニングセンタの加工中に、タッチセンサでワークのズレを検知する。
・リモートシステムは、センサへの給電とその検出信号の伝送を行う。

改善前の問題点

・引き回しで断線が多発する。
・パレットの数を増やせない。

改善後の効果

・断線トラブルが解消した。
・パレットが任意に増やせて、交換も簡単。

製品紹介

伝送部:RPT8-1803D-PU-01
出力部:RPE8-1800N-PU-02

Facebookで更新情報をチェック!