TOP > ワイヤレス給電とは? > ワイヤレス給電のメリット
繋がなくても電力供給できるワイヤレス給電の2つの大きなメリット!

1.電気的な金属接点がない!

電気が流せるのは
金属だけじゃない!
電気を流すためには金属接点や導線が不可欠です。そのためコンセントに差すプラグは2本の金属であり、例えばスマートフォンに差すコネクタも金属でできています。ところで、金属以外で電気を流すものに「水」があります。金属接点を持つ電化製品に水は大敵であり、水が掛かることで最悪の場合、ショートし壊れてしまうこともあります。
イメージ
しかし、ワイヤレス給電には金属的な接点がありません。そのため水が掛かってもショートすることも製品を壊してしまうこともないのです。身近なところでは洗面所で使われる電動歯ブラシや電動シェーバーなどではワイヤレス給電技術が採用されています。また、クリーンルームや火気厳禁などの高度な産業設備において、金属接点は電気的接触による金属粉の発生が問題視されます。金属接点のないワイヤレス給電は、金属粉の発生を抑えることができるため、設備の品質向上や安全対策としても採用できる技術です。

 

2.物理的な接点がない!

空間を活用できる!
ワイヤレス給電!
ワイヤレス給電には送電側と受電側があり、その間は空間なので物理的な接点がありません。さらに水、ガラス、アクリル、樹脂、木材など非金属であれば、間に挟むことができます。 水中やクリーンルームでガラス越しにワイヤレス給電を行う、真空度の高い密閉された容器にワイヤレス給電を行うといったことが実現できます。
イメージ
また、コネクタのような物理的な接点は繰り返し使用する等、着脱回数が多いほど破損しやすいものです。ワイヤレス給電であれば、接点が破損することもないので半永久的に使用することが可能です。そのため、工場などで稼働するライン、ロボットなどに採用することで破損によるメンテナンスコストや作業ロスを改善できます。
活用シーン画像
活用シーン画像
活用シーン画像

お気軽にお問い合わせください

  • お電話でのお問い合わせはこちら
    お問い合わせ窓口
  • ホームページからのお問い合わせはこちら
    お問い合わせフォーム