TOP > ワイヤレス給電とは? > ワイヤレス給電の仕組み・原理

電磁誘導の入り口

「金属」しか流れないはずの電気が、なぜ空間を流れるのでしょう?
これは、今から180年以上前に発見された「電磁誘導」の原理基づきます。
小学校・中学校の理科の授業で、「電磁石」というコイルに電気を流すと強力にくっつく磁石の実験をやったことはありませんか。これが、電磁誘導の入り口です。 電磁石はコイルに電気を流すことで、「電気」を「磁界」に変換します。そして「磁界」は、空間に流す(放出)ことができるのです。
電磁誘導の入り口イメージ

電気と磁気の変換 / 電磁誘導の原理

ワイヤレス給電は2つのコイルを使うことで実現しています。
まず、コイル(1)に電気を流すと磁界が発生します(フレミング右手の法則)。その磁界を離れている場所にあるコイル(2)が受けると誘導電流が流れて電気が発生します。これがワイヤレス給電の基本原理です。コイルと誘導電流による技術はさまざまな場所で使われており、電圧を変換するトランスやコイル(2)の誘導電流を熱に変える誘導加熱(IHクッキングヒータなど)なども同じ原理です。
電気と磁気の変換イメージ

研究が進むワイヤレス給電技術

ワイヤレス給電には磁界を用いた技術と電界を用いた技術があり、さらにこれらを近傍領域で行う非放射型と遠方領域で行う放射型で分けられます。

非放射型・・・電磁誘導、磁界共鳴、電磁結合など
放射型・・・電波方式、レーザー方式、太陽発電など

ワイヤレス給電技術の実現するためには、距離や軸ズレなどの伝送範囲や給電できる電力によって設計方法や大きく異なり、使用目的や環境に合わせた設計が必須となります。そして製品化にあたっては、電力伝送を行うため繊細なコイル設計技術や回路の設計技術に加えて、放熱を効率良く行うための回路設計・筐体設計が必要になります。ワイヤレス給電はまだ新しい技術であり、法規制や規格化も現在進行中です。
研究が進むワイヤレス給電技術イメージ

お気軽にお問い合わせください

  • お電話でのお問い合わせはこちら
    お問い合わせ窓口
  • ホームページからのお問い合わせはこちら
    お問い合わせフォーム